» 未分類のブログ記事

ブローの極意

| 未分類 |

 

 

af9940071915l

 

 

どんなにナチュラルな仕上がりのヘアスタイルでも、美しいと思えるのはきちんとスタイリングされているものです。
髪の毛を洗い、普通にドライヤーで乾かしただけのスタイルでは美しいナチュラルとはいえないのです。
キメすぎない自然なヘアスタイルが流行しています。
それにはきちんとブローすることが必要なのです。
顔の額縁ともいえるヘアスタイルは、大きく人の印象を変えることができます。
好きな自分でいるために、また他の人に好印象を与えるためにも毎朝の丁寧なスタイリングの技を身につけることが重要です。
朝起きたときは髪の寝癖がついているものです。はねた毛先のみ直しても上手くまとまりません。

 
一度根本からしっかり水でぬらし、寝癖をとることです。
軽くドライヤーで水分を取ってからスタイリングを始めます。
根本からブラシで髪をすくい取り、ドライヤーを当てながら作りたいスタイリングをします。
ドライヤーや必ず上から下に向けることで髪の向きが整いますしキューティクルも守られてツヤがでます。
一定方向に流す、毛先のカールをつけたいときには、ドライヤーの熱でスタイリングをした最後に必ず冷風をあててクーリングをします。
熱が冷めるときに固定されて美しいヘアスタイルが出来上がるのです。

 

af9940071915l

 

髪型が変わるだけで、全体の雰囲気や顔の印象は違って見えます。イメージチェンジを考えている人は、髪型を変えることをおすすめします。全体の長さを変えるだけではなく、おでこの髪の毛を、ぱっつんに揃えるか、フロント分けにするか、左右のどちらかに流すかで、印象も大きく変わります。眉毛の上や目の上ぎりぎりに揃えたスタイルは、個性的な印象や、若さを表現できます。一方、長さを伸ばして、サイドに分ける斜め前髪は、きちんとした印象や、大人っぽい印象を演出できます。髪が直毛の人は、斜め前髪にしたくても、クセがつきにくく諦めている人もいますね。美容院でのオーダーや、スタイリングの工夫次第で、斜め前髪は作りやすくなります。美容師さんに伝えると、斜めに流れやすいカットや、ピンカールと呼ばれるパーマをあてることで、髪に動きが出て、斜めにも流れやすくなります。また、髪を塗れた状態でドライヤーを流す方向にあてることや、寝る時にピンをつけたまま寝るのも、髪を流すスタイリング方法として上げられます。直毛の人は、まずは髪に動きを出してから、スタイリングをすることがポイントなのです。斜め前髪で、女度を上げてデートや仕事に出向きましょう。

 

af9940071915l

 

 

 

女性として生まれてきたのならば、メイクやファッション、ヘアスタイルを、自分らしく楽しみながら、綺麗に磨きをかけたいものです。特にヘアスタイルは、女性にとって簡単にイメージを変えることのできるものです。ヘアスタイルひとつで、自分らしさを上手に引き出すことができます。近年注目されつつあるスタイルが、ぱっつん前髪です。一直線にきれいに切り揃えられたスタイルのことで、一瞬にして可愛らしさを出すことができ、ぱっつん前髪は若い女性を中心に、とても人気のあるスタイルです。しかし、注意しないと、子供っぽくなってしまったり、野暮ったく見えてしまいますので、スタイリングに気を付けなければなりません。

 

ぱっつん前髪のオススメのスタイリング方法は、軽く水で濡らし、寝癖や癖などを取ってから、ドライヤーで頭のてっぺんから眉毛の上の辺りまで下に向けて風を送りながら、濡らした髪をしっかりと乾かしていきます。これでだいぶ、綺麗なラインが出来上がりますが、更にツヤや癖を付けたい方は、ストレートヘアアイロンで、上から下に滑らせるようにしながら髪の毛を挟んでいきます。こうすることで、とても綺麗な垢抜けたぱっつん前髪を作ることができます。

 

af9940071915l

 

 

女性にとってへアースタイルと言うのは、顔に施すメイクと同じくらい重要なもので、より魅力的に見えるよう様々な工夫や努力を行い整える関心の高いポイントです。憧れの芸能人をまねてみたり、ヘアー雑誌などから情報を取り入れたり、少しでも美しく愛らしく見えるように、美容室で注文をしたり自分でスタイリングをしたりします。基本的に女性の髪型では、前髪があるスタイルの方が若い印象を与えると言われています。同じ長さで同じスタイリングであっても、額が隠れているのと隠れていないのとでは、全体の感じはかなり違って見えます。

 

 

また額にかかる髪の量や長さ、そして流し方などによっても全く違った雰囲気に仕上がります。眉毛の辺りで一直線に切りそろえたようなスタイルだと、若いというよりは幼いような感じに見せることが出来ます。また長く斜めに流すようにセットすれば、大人っぽい上品な感じに見せることが出来ます。同じポニーテールスタイルでも、全部の髪をまとめ上げてしまえば知的な大人の雰囲気になりますが、少し額を隠すと若々しいイメージになります。最近芸能人でも良く見られるスタイルはこのタイプで、カールをつけたポニーテールで額は少しだけ見せ、トップを膨らませたスタイリングが好まれているようです。

 

af9940071915l

 

 

美容室に行くにも時間がない、お金がない、目の上の部分をちょっとだけ切りたいというようなことを考えているのであれば、セルフカットに挑戦してみましょう。
そろえるのはハサミ一つで大丈夫です。
すきばさみなどを利用しなくても、ちょっとだけカットの方法を知ることによって自分で手軽に髪の毛をカットするという事が出来る様になります。
髪の毛を切る際には、まず目にかかっている部分の髪の毛を全体的に指で挟んで、持ち上げ床と直角にします。
何センチぐらい切るかを判断し、切り始めるのですが注意としては、はさみを髪に対して縦に入れていくということがポイントです。

 
横に指のラインに合わせて切ってしまうと、ぱっつんとした髪の毛の形になってしまい、切ったのがすぐにわかってしまうような状態になりがちです。
縦に切っていくということによって、不揃い感が出てくるということにもなりますし、ぱっつんとした状態を防ぐというようにもなるわけです。
また、指で持ち上げているところの髪の毛は、左右均等にまっすぐラインを意識して着るようにしましょう。
そういった切り方をすると顔の横の方の毛が長くなるデザインとなりますが、ここをまっすぐきってしまうと横とのつながりが無くなるので注意が必要です。

 

af9940071915l

 

 

 

大人は髪が伸びてくると美容院で切ってもらいますが、子供の場合は自宅でセルフカットするという人も多くいます。
子供は飽きてしまうので長時間椅子にじっと座ってなどいられませんし、慣れないと泣き出してしまってカットどころではなくなってしまいます。
慣れた自宅で子供の相手をしながらカットしたいという親も多いので、ベビー用品店では散髪グッズが多く売られています。
その中には櫛の形をした散髪グッズも売られていて、すきバサミを使わずとも髪をとかすだけで散髪できるという便利な物もあります。
毛の量を調整するのであればそれでいいかもしれませんが、長さを調節するにはやはりハサミを使わなければなりません。

 
ハサミでカットするのに慣れていないと切りすぎてしまったり、真っ直ぐに切ってしまったりと上手くできないことがあります。
しかし、ブロッキングという髪を少しずつ分けてピンか何かで留めておくという技を使うと失敗なく散髪することができます。
小さい子供だと髪が細いので、ヘアゴムで軽く結んでしまった方が上手く髪を分けておくことができます。
この技は大人の髪のスタイリングやブローの時などにも役に立ちます。
髪を少しずつ分けることで、キレイにスタイリングできますし、その一手間でブローの仕上がりもかなり違ってきます。”

 

 

af9940071915l

 

 

特に自分でセルフカットをするときには、ポイントとしてぱっつんといった切り方をしないということが注意点としてあげられます。
ぱっつんといった切り方というのは、ハサミを横にして切るとそうなりがちになりますが、やはり見た目が非常に気になるものですので、できるだけ自然な流れが作れるようにするというのが大事なこととなります。
方法としては髪の毛を濡らさないで、切るというのがポイントです。
ドライカットと言って、一般的にスピーディーにカットをしてくれるようなお店でもこの方法を用いてカットをしているところもあります。

 
このドライカットをすることによって、髪の毛の流れが普段と同じような状態のまま、切ることができるというようにもなるので、その流れに逆らわずに、ハサミを入れていくということが成功を導くようになるのです。
髪の毛の流れを見ながら、切りたい長さの目安をつけましょう。
ハサミをたてにして髪の毛をカットするというイメージで、切っていきます。
ここで、縦にしてカットするとほとんどかみの毛が落ちてこないということにもなるので、時間がかかるという判断から追ハサミを横にしたくなるのですが、それはNGです。
少しずつでも切っていけば、最終的に自然な流れを残したカットとなりますので、根気強く行うことが重要です。

 

 

af9940071915l

 

 

サイドの髪が伸びていないのに美容院に行くのは面倒くさいと感じている人は沢山います。
そんな時は、自宅で手軽にセルフカットに挑戦してみるのがオススメです。
しかし、手当たり次第にセルフカットをしても行き着く先は失敗しかありません。まずは必須アイテムを揃えることが成功には不可欠です。
まずはハサミです。

 
工作用のものを利用しようと思っていたら大間違いです。用途が違っていたら上手にカットすることは出来ません。安くてもいいので専門のカット用を購入すると良いでしょう。その時は通常に切るものと、梳き用の両方があると尚良いでしょう。
次に用意したいのがダッカールです。
これはサイドの髪を間違えて切らないようにするためと、ブロッキングをしやすくして、少しずつカットが行えるようにするためです。
小さいものと大きいものの2種類の大きさのダッカールを揃えると使い分けが出来て作業がしやすくなります。
最後に用意したいのがコームです。
ブラシよりも、少量の髪の毛を梳かしやすくカットするさいにここまで切るという目安にして使用することも出来るので、安価なものでも良いので一つは用意しておきたいアイテムです。
これらのアイテムを揃えて、ぜひセルフカットに挑戦してみましょう。

 

af9940071915l

 

 

時には前髪だけが邪魔に感じてしまう事もあるものですが、そういった場合にはセルフカットをされる方も多くいらっしゃいます。
自身でカットすれば手軽に長さを調整できる訳ですが、しかしその際に失敗してしまう方も少なくありません。
失敗してしまう原因としては、まず濡れた状態でのカットが挙げられます。
髪の毛が濡れている状態でカットした方が綺麗に切れますが、濡れている状態の場合ですと乾いている時よりも髪の毛が伸びています。
その為、濡らしてからカットしてしまうと髪の毛を乾かした時に縮みが発生し、その結果思い描いていた状態とは違った仕上がりになってしまいます。
他にも失敗する原因として使用するハサミが挙げられます。
カットする際には通常のハサミを使用される方も多いのですが、そういったハサミの場合ですと一気に切れてしまいますので、時には切り過ぎてしまう事もあります。

 
切り過ぎを防止する為にはスキバサミが打って付けです。
スキバサミなら量を調整しながらカットする事ができますので、一気に切り過ぎてしまうという事が無くなります。
因みにカットする際には少しずつ切る事が大切です。
希望する長さの部分にいきなりハサミを入れてしまうと失敗する可能性が高くなりますので、少しずつカットして最終的に希望する長さに仕上げる必要があります。”