af9940071915l

 

 

特に自分でセルフカットをするときには、ポイントとしてぱっつんといった切り方をしないということが注意点としてあげられます。
ぱっつんといった切り方というのは、ハサミを横にして切るとそうなりがちになりますが、やはり見た目が非常に気になるものですので、できるだけ自然な流れが作れるようにするというのが大事なこととなります。
方法としては髪の毛を濡らさないで、切るというのがポイントです。
ドライカットと言って、一般的にスピーディーにカットをしてくれるようなお店でもこの方法を用いてカットをしているところもあります。

 
このドライカットをすることによって、髪の毛の流れが普段と同じような状態のまま、切ることができるというようにもなるので、その流れに逆らわずに、ハサミを入れていくということが成功を導くようになるのです。
髪の毛の流れを見ながら、切りたい長さの目安をつけましょう。
ハサミをたてにして髪の毛をカットするというイメージで、切っていきます。
ここで、縦にしてカットするとほとんどかみの毛が落ちてこないということにもなるので、時間がかかるという判断から追ハサミを横にしたくなるのですが、それはNGです。
少しずつでも切っていけば、最終的に自然な流れを残したカットとなりますので、根気強く行うことが重要です。